忍者ブログ
バレエが大好き 寝ても冷めてもバレエのことばかり 大人からのバレリーナの悩み レオタード・教室・ダイエット バレエのことを書いていきます。
| Admin | Res |
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆バレエ 用語 ②【ルルべ】【シュッ・スー】

ルルべ背伸びをしてつま先立ちになった状態。

ルルべには、1番ポジションでも2番ポジションでも(あまりしないけど3番も)4番ポジションでも5番ポジションにもあって

両足でも片足でもつま先立ち(踵を浮かせること)になることルルべと言います。

このときに膝を曲げてルルべすることは、ほとんどありません。

ときどきフォンデュのときにルルべでプリエをすることは、ありますが初心者バレエでそれをしたら高度!

ルルべになるって簡単そうに見えますが実は、膝を伸ばしてルルべになるこは、難しいです。


【大人からのバレエでキレイに見せるコツ♡】

♡つま先たちになるので上体を引きあげておくことが大切!

まずは、親指にも小指にもどの指にも均等に体重が乗るように心がける。

♡膝を伸ばす&床を突き刺すように

♡つま先を折ってルルべをするのではなくて引き上げることで踵の高さを高くしていく意識



NG position にありますが膝が伸びていないとぶるぶるして

バランスもぐらぐらしてしまいます。

引き上げて!
膝を床に突き刺す~

イメージでルルべをしたいです。

バレエって大変^^

5番からルルべにする動作をシュ・スーになります。



ポイントは、太ももと太ももがクロスしていることですね。

理想は、両方の踵が正面から見えるくらいターンアウトしていたら素敵ですよね~。

子供のレッスンでは、このシュ・スーをしながら左右に移動するときに太ももにタオルを挟んで落とさないようにする練習がありました。

マイヤ・プリセツカヤの瀕死の白鳥でシュ・スーからパドブレで登場していきた姿は、本当の白鳥のようでした。


これは、一度DVDでもご覧いただきたい名作ですね。











拍手

PR
お気に入りバレエショップ
バレエ大好きオススメ情報

リンク
スポンサー

Powered by Ninja Blog    Material by cherish    Template by Temp* factory
Copyright (c)大人から始めるバレエ|ダイエット・用語 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]